Welcome to my homepage

収入証明書があればキャッシングは簡単に行なえる

キャッシング会社でお金を借りたい場合には、必ず審査制度を設けています。
審査がない金融会社は存在せず、審査はお金を借りようとする人の関門の様な存在となっています。
審査を設ける理由としては、貸金規正法には総量規制というのがあり、そこで過剰貸付の禁止を規定しているからです。
この過剰貸付では年収の3分の1を超える貸付を禁止しており、その年収を証明するための書類として収入証明書が必要となります。
以前の貸金規正法では、そういった総量規制の規定は存在せず、本人確認の免許書が一枚あり、会社の在籍確認があれば、それだけで契約が成立しました。
しかし、それが業者の無責任な過剰融資にも繋がっているということで、総量規制が設けられた経緯があります。
つまり現在ではキャッシング会社でお金を借りようとする場合には、誰しもが本人確認の書類と収入証明書の二つの書類が必要となるのです。
逆に平たく言えば、この二つの書類を自信を持って提出できる方は、年収の3分の1の範囲でお金を簡単に借りる事が出来るということが出来ます。
実際に収入を証明できる書類を用意できる方は、定期収入がある人とみなされることができ、働いている人です。
無職の方であれば、用意をすることが出来ないのは間違いありません。
なお収入証明書の種類には幾つかあり、サラリーマンの方であれば源泉徴収票または給与支払明細書の二つです。
不動産収入や事業収入がある方は納税通知書か所得証明書の二つで、年金受給者の場合は年金証書か年金通知書の二つとなります。
便利なお金借り入れ方法を知りたい方は、チェックしておくと良いかもしれませんね。

手持ちの現金額を把握する為に、キャッシュフローの管理が必要です。

キャッシュとは現金を意味する言葉であり、フローとは流れを意味する言葉です。
ですから、これら2つの言葉を組み合わせると、現金の流れのことを意味することになります。
現金の流れを少し細かく見ると、手元に入ってくる流れと手元から出て行く流れの2つがあることが分かるでしょう。
前者にはキャッシュインフローという名が、後者にはキャッシュアウトフローという名が、それぞれ付けられています。
このキャッシュインフローとキャッシュアウトフローを一括りにした用語が、キャッシュフローなのです。
企業の経営状態を知る方法として広く用いられている会計上の数字では真実を知ることはできず、企業の経営状況の実態を知るためにはキャッシュフローの把握が必要だと言われています。
なぜなら、実際の現金の流れと会計上の利益との間にはズレが生じてしまうことが多いからです。
具体例として、30万円の費用で現金で仕入れた商品を、60万円で掛けで売り、まだ10万円しか回収ができていない状況を想定してみましょう。
会計上は、掛取引で売った商品の代金も取引を行った時点で売上として計上し、そこから費用を差し引くことで、利益額を導き出します。
ですから、このときの利益は、60万円の売上から30万円の費用を差し引いた30万円です。
しかし、実際の現金の流れを見てみると、10万円が手元に入ってくる一方で30万円が手元から出て行っている訳ですから、20万円のマイナスとなります。
このように手持ちの現金額はマイナスであるのにも関わらず、利益だけを見て現金に余裕があるかのような錯覚をしてしまうことを防ぐために、キャッシュフローをきちんと把握しておくことが大切なのです。


▲pagetop